HDRiな生活

HDR(ハイダイナミックレンジ)写真の連載。ストックフォトでカメラ機材代の捻出を目論む。


HDRiな生活 - 「沼津」によるタグ検索結果 : 7件

小説の表紙に使用される写真の扱いについて

たまに何を買うでもなく書店をブラブラするんですが、表紙にストックフォトを使用してる小説が結構あるなぁという印象。ほうほう勉強になるなとニヤニヤしてるここ数年ですが、先日綿矢りさを魅力的に紹介した読み物を見る機会があり、あぁ読んだことないな読みたいなぁとブックオフへ足を運び、棚から適当に一冊お買い上げ。タイトルは『かわいそうだね』だった。ウチで読むのも何だから、コメダにてどりゃどりゃと表紙から巻末まで読了。したけど読んでる最中、ずーっと釈然としなくて内容がすんなり浸透してこない。 なんでか気がつくまで半日くらいかかった。表紙に使用されている写真が、意図された角度よりも時計回りに 90度回転してるのだ。まんず気持ち悪い。花の集合にパンプスが無造作に置かれている写真なのだけど、一見わからないんだけど、感じた違和感をずーっと引きずって読んでた。 芥川賞作家でしょう。何万部も平積みされるレベルの発行部数でしょう。それだけ多くの人目に触れることを考えても、読む人の心を自由にするための小説としても、あまりにお粗末な表紙の扱いである。いやちょっと待て、ひょっとしてそういう仕掛けなのか、と思い 90度反時計回転させてしげしげと眺めるも何の発見もなく、中間あたりで開いて伏せ置き、本全体を縦に俯瞰しても何も見えてこない。なんだこれは。たぶん私は同氏の新刊は買わないだろうなと思った瞬間でもある。 そんなに読書経験ないからわかんないけど、先人達は表紙をそんな扱いしたろうか。例えば居酒屋で注文したほっけの開きが、皮が上向きに出てきたらどう思うのか。坂口安吾はアタマから丸かじりしそうだけども。そんなことよりピアノ・ソナタのニ短調がなぜ40分に及ぶのか気にならない? とか言いながら箸でコンキリエを小器用に食べだす人もいそうだけど。 作家は文章で勝負だろうが。表紙なんて気にするんじゃねぇよ。しかあり。しかし私にとっては三遊間ガラ空き文壇感に不安を覚えた一冊でした。表紙からずっとドキドキさせてよ。ねぇ。

2017年3月、4月のストックフォト売り上げ報告

2017年3月のストックフォト収入合計は $182。内訳は gettyimages:$131、 fotolia:$25、PIXTA:$23、Dreamstime:$3。 2017年4月の合計は $406。内訳は gettyimages:$376、 fotolia:$22、PIXTA:$7、Dreamstime:$1。 今更ながら森博嗣を読み始めております。。。

2016年6月のストックフォト売り上げ報告

2016年6月のストックフォト収入合計は $433。内訳は gettyimages:$389、 fotolia:$37、iStockphoto:$1、PIXTA:$5、Dreamstime:$1。 ポケモン楽しいっす。

女性必見!好きな漫画キャラなに?と聞かれたときのベストアンサーズ

もしもコンパで・もしもマンガの話題になって・もしも好きな男キャラだぁれ的な流れになって・意中な殿方にベストアンサーを返したいときウケのいいキャラを男性タイプで分けてみました。天文学的なシチュエーション確率ですが GO。 理系 カルルクさん 文系 諸星あたる エリートマッチョ ラオウ様 サブカル イシャはどこだの人 秋葉オタ 阿良々々木さん 反対に各相手をドン引きさせたい場合は以下のようです。 理系 ルフィ 文系 イザベラ様 エリートマッチョ 矢島金太郎 サブカル 山崎九郎右衛門 秋葉オタ 「コブラ」 「え?」 「サイコガンを持つ男、コブラ」 コブラは万能です。

自堕落な日々とムチ

年齢を重ねるにつれ、自分のやっていることが国益に繋がっているのだろうかと考えることがある。日本が好きだし、自分が今ここにいることは先祖の奇跡的な育みがあってこそだと頭では理解してる。 でも基本なんにもしたくない。朝から晩まで映画とアニメとゲームしてたい。これと上記との葛藤が手を動かす原動力な日々。 誰かが求めるビジュアルを画像という形で先回りして提供する。世の人々は何に関心を寄せて、追い求めるのか。街の広告・流行りのニュース・雑誌を雑多に取り入れ、ブレンダーに放り入れスイッチにかける。忘れる。いつの間にか腐っている。発酵して破裂する。でも、型に流し込んだら意外といい発色をしてたりする。めんどすぎて長い間カメラをさわりすらしない時もある。 コレぞ!という出来の写真が全然売れない顛末もしばしば。だけど、getty や他のストックフォトを徘徊してる時に、日本人のすごい写真を見ると、負けねぃぞうと思うし、自分の中から芽生えたモニョモニョが形になり、それが販売に繋がったときの喜びは何ものにも代え難い喜びがある。人の想像力と距離感はとても難しくて興味が尽きない。 キレイな写真を撮る人は美しい娘に出会うと言います。 私は右往左往な絵ばかりです。フワフワした女性に出会えるのかもしれません。

shutterstock で素材を購入したことのある方は注意、毎年勝手に引き落とされてます!

過去に shutterstock で素材を購入したことある方へ。気づかないうちに勝手に引き落とされている可能性があります。 仕組み 欲しい素材を購入 決済の際のデフォルトが「Auto Renewal(自動更新)」になっている すんげちっさいから気付かない 以降毎年その時期に勝手に引き落とされてる 問題の契約画面は下のようにデフォルトでオンになってますが、こんなん気付かないよ。 ちょっと調べたら結構被害者がいるようですね。 shutterstockの自動更新にマジ切れ中 電子書籍 アラゴラス~ARAGORAS eBook~ 行きはよいよい 怒りに震えている。 問い合わせた結果、1年以内(ダウンロードもしていない条件)なら返却してくれますが、それ以前は返却対象にならないとのこと。態度の悪い電話オペレーターに教えてもらいました。まぁうん、こういうヤクザなやり方するところって先が長くないよね。

漱石の月から女性

月食なんかよりアタシを見て! <惚れる

「沼津」 に関連するタグ